2019年度の取り組みについて

朝日放送グループの一員である朝日放送ラジオ(株)の「ABCラジオ 上方落語をきく会」は、「公益社団法人企業メセナ協議会」が主催するメセナ活動認定制度《This is MECENAT 2019》 に認定されています。

 

「ABCラジオ 上方落語をきく会」の「This is MECENAT」認定内容

重点テーマや目標

イベントやラジオ放送を通して「上方落語」に触れる機会の創出を行い、関西の歴史ある伝統芸能文化を支えます。

概要

昭和30年(1955年)12月1日に旗揚げをし、毎年開催しているABCラジオ主催の落語会。2019年2月10日に尼崎市「あましんアルカイックホール・オクト」で開催した落語会で、通算117回目の公演となりました。上方落語では最も歴史ある落語会で、公演の模様は、ABCラジオで生中継を行っています。

特色

第一回公演(公開録音)は大阪・高麗橋にあった三越劇場で行いました。当時、上方の 噺家はわずか9人ほどで、まさに風前の灯でしたが、この会を通して噺家さんと落語 ファン、放送局が力を合わせ、次々に熱のこもった高座を作り上げました。この会から松鶴、米朝、小文枝、春團治の「上方落語四天王」が台頭し、60年代後半には、仁 鶴、枝雀、三枝、春蝶、小染といった人気者を輩出。その後も「1080分落語会」「しごきの会」「創作落語」など、落語ファンの語り草となる数々の企画を通して今日まで、 幾度にも渡る上方落語ブームの火付け役になってきました。今後も持続していきたい 関西の文化を支える歴史ある取り組みです。

関連コンテンツ