<ABCグリーン宣言>

2025年、ABCグループはCO₂フリー電力化を目指します (宣言リリース日:2022年1月5日)

当グループはサステナビリティ推進を加速すべく、「ABCグリーン宣言」を行いました。
ABCは、2013年から太陽光発電事業にいち早く取り組むなど環境に優しい放送局を目指してきましたが、この「ABCグリーン宣言」は、今後さらに、グループ全社で気候変動への対応など様々な環境対策を一層進め、グリーン社会の実現へ貢献しようとするものです。

 

Ⓐ 2022年には、大阪本社屋の電力を実質100%再生可能エネルギーにします。
Ⓑ 2025年、ABCは、放送スタジオ含むグループ全社で照明LED化を目指します。
Ⓒ これまでも、そして、これからも!
 ABCは、太陽光発電などグリーン電力で脱炭素社会に貢献していきます。

 

ABCのこれまでと、これから目指すCO₂排出量削減計画

<カーボンニュートラルを目指して ~太陽光発電・再生可能エネルギー・照明LED化~>

 

当グループでは、2013年11月に大阪・高石ラジオ送信所にて太陽光発電事業をスタートさせました。以降、グリーン電力の創出を通じて、環境に配慮し地球にやさしい放送局を目指してまいりました。
更にこれからは、再生可能エネルギーを使用し照明をLEDへ切り替える事で、使用電力量を削減し、CO₂排出量の削減に努めます。
その後も、持続的にグループ全社で環境に配慮した取り組みを行い、カーボンニュートラルの実現を目指してまいります。
 

2013年
    高石ラジオ送信所で「太陽光発電事業」スタート
    ~ グリーン電力を持続的に社会へ

 

2021年
    「サステナビリティ推進委員会」設置

 

2022年
    【ABCグリーン宣言】
     CO₂フリー電力化

      大阪本社(全日で実質100%「再生可能エネルギー」由来に。

       ※関西電力のCO₂フリー電気料金メニュー「再エネECOプラン」を導入
     照明LED化
      大阪本社オフィスフロア(電力消費量を考慮し一部施設を除く) 

        ANNEXビル(グループ7社 入居)
      <東京オフィスは既にLED化済み>

 

2023年
     CO₂フリー電力化
      ANNEXビル(グループ7社 入居)、ABCテレビ生駒送信所、ABCラジオ高石送信所
     照明LED化
      大阪本社オフィスフロア(電力消費量を考慮し一部施設を除く)

 

2024年
     CO₂フリー電力化
      その他の使用エネルギー
     照明LED化
      大阪本社スタジオ

 

2025年
     CO₂フリー電力化
      東京オフィス・ABCグループ全体
     照明LED化
      大阪本社スタジオ・ABCグループ全体
 

 

 

<カーボンニュートラル> 持続的グリーン社会の実現へ

太陽光発電について

■太陽光発電事業への取組み
大阪府高石市の高石ラジオ送信所で行っている太陽光発電事業では、約29,000㎡の敷地に約1万枚の太陽光パネル(発電容量1,990kW)を設置し、発電した電気は関西電力を通じて市場に提供しています。たとえば 2020年度は、朝日放送グループホールディングス本社の使用電力量の約27.3%相当を発電しております。

 

<参考>2020年度(4月~3月)実績:発電量およびCO₂削減量
高石太陽光発電所の年間発電量3,273,416kWhに対するCO₂削減量
= 3,273,416kWh × 0.318kg-CO₂/kWh ≒ 1,041t-CO₂(削減)
高石ラジオ送信所の太陽光パネル
<CO₂算出時「排出係数」は2019年度の関西電力の調整後 CO₂ 排出係数を使用>
 

グループ会社の取組みについて

■ABCハウジングの太陽光発電
グループ会社でライフスタイル事業を担う「エー・ビー・シー開発」(本社:大阪市福島区)も、自社で太陽光発電システムを導入しています。ハウジング事業を担う「ABCハウジング」の総合住宅展示場10会場のセンターハウスの屋根に太陽光発電パネルを搭載し、自然エネルギーの使用を促進しています。発電電力は各センターハウス等で使用され、2020年度の発電量は58,732kWhでした。(10会場合計)
 

ABCハウジング橿原住宅公園(モデルハウス屋根上に太陽光パネルを設置)

ABCハウジング中百舌鳥住宅公園