<br/>
拡大

常日頃より、朝日放送グループへの格別のご愛顧とご支援を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。

 

当社グループは中核事業である放送事業において「平和と自由の精神を貫き、地域社会と文化の向上につくすこと」「社会の信頼にこたえ、真実を正しく伝えること」「良識と知性を高め、楽しさと安らぎの番組を放送すること」等を信条に、基幹メディアとしての役割を果たすべく努力を重ねています。

 

当社を取り巻く経営環境は、近年大きく変化しています。放送は、地上波放送・衛星放送を含めた視聴環境の変化、スマートフォン・タブレット端末の普及によるテレビ視聴形態の変化、4K・8Kなどの技術革新など、かつてないほどの変革の中に置かれています。

 

当社は、平成28年の創立65周年をひとつの通過点とし、さらなる先を見据え、「100年企業」を視野に、グループ一体となって一層の成長を目指す必要があると認識しています。
「グループ中期経営計画2015-2017」は、創立65周年を迎える2016年をはさむ3年間の経営計画です。これからの3年間を、新しいコンテンツの開発や新規事業への投資を積極的に行い、その先にある大きな成長に向け経営基盤を整備する期間と位置付けています。

 

グループ全体で目指す大きな方向性である「朝日放送グループ成長ビジョン」では、2012年に掲げた「10年ビジョン」の終着点であり、かつ当社が創立70周年を迎える2021年度に、「連結売上高1,000億・営業利益率8%」の企業グループに成長するイメージを、「100年企業」への布石として共有していきます。

 

朝日放送グループは、「打って出る」を合言葉に、皆様のご期待にお応えすべくグループ一丸となって邁進してまいります。
引き続き朝日放送グループへのご愛顧とご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 

平成27年9月
朝日放送株式会社
代表取締役社長